5分ではたりない

私が色々な政治家を見ていると、
彼ら/彼女らは「5秒で伝える」ことに
腐心しているように感じられます。


「有権者の多くは、長時間、耳を傾けてくれない。
だからこそ、たった5秒で聴衆の心を掴むような
強烈なメッセージを伝える必要がある!」


おそらくですが、そんな思い込みがありそうです。


たしかに、政治の世界では一理あるかもしれません。

しかし、たった5秒で伝えようとすると、
どうしても乱暴なメッセージになりがちです。


なぜなら、相手が聞きたいと思っていることや
相手が信じていることを伝えないかぎり、
5秒ではなかなか伝わらないからです。


あるいは、相手が嫌っていることを
代弁することでも、5秒で伝わるかもしれません。


その結果、政治の世界では
右派に対しては「中国や韓国が原因」と言い、
左派に対しては「温暖化が原因」と言って、
5秒で乱暴に伝えているわけです。


これでは、解像度の高い会話ができません。


それどころか、分断を作る原因にもなりえます。

"5分ではたりない"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: