コラム 衣食住26 医療介護に金がかかる時代が来る




マッチング数NO1 Pato
https://pato.today/?t=_ZkjQ1DJJ1-HBGx932nX049fdcE




最近の日本は
洋服も食べ物も安くて高品質で
生活するのに
それほどお金がかかりません。

家賃はまだまだ高めですが
人口減しているのに
家はどんどん建てられているので
いずれ下がってくることでしょう。

すでに空き家が
どんどん増えているため
どこかで家賃も下がる方向に
向かうと予想されます。


さて、こんな風に
普通に暮らすだけなら
それほどお金がかからない時代ですが
実は将来大金が必要になります。

それは何かというと
医療費と介護費になります。

今の日本の医療は
国民皆保険制度のおかげで
数百万円かかる医療でも
数万円で受けられているのですが
近い将来、自己負担が必要になるのです。

今は、国が借金を増やしながら
医療費を支払っている状態で
どこかで破綻するしかないのです。


というわけで
今の生活に困っていなくても
老後の医療費介護費を考えて
稼いだり貯金したりすることを
お勧めします。

近い将来の日本は
アメリカや中国と同じように
医療費介護費が足りないと
長生き出来なくなりますので
長く生きたければ
元気なうちに稼いだ方がいいですね。


なお、ビジネスや投資をする場合も
低価格高品質競争になっている
衣食住関係より医療介護関係に
目を向けたほうが良さそうです。
 
医療介護というものは
ほとんどの人が大金を投じますので
マーケットが大きく
低価格競争になりにくい分野です。

"コラム 衣食住26 医療介護に金がかかる時代が来る"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: