COVID19ワクチンは ズバリ危険なのか?





マッチング数NO1 Pato
https://pato.today/?t=_ZkjQ1DJJ1-HBGx932nX049fdcE




9月2日に日本政府が
COVID19ワクチンを
国民全員が無料で受けられるように
準備を進めていると
各大手メディアによって報じられました。

これによると、来年の前半までには
国民全員に提供できる量の
確保を目指しているということです。


このCOVID19ワクチンですが
世界には様々なタイプがある中
日本政府は英国アストラゼネカ社から
供給を受けることに
基本合意したと既に発表しています。

アストラゼネカ社のワクチンの特徴は
遺伝子操作したウイルスを使った
最新型ワクチンで
理論上は安全とされているものの
1年後3年後5年後まで考えた安全性は
全く未知数です。

なにしろ、これまで
人類に投与されたことがないものなので
何が起こるかわかりません。

数年後の副作用は
免責事項となっていて
誰も責任を取る人がいないと思われます。

通常、ワクチンは5年から10年かけて
治験を行って承認されるということですから
いかに異常な措置であるかということが
わかるでしょう。

アメリカ環境医学アカデミーや
アメリカ環境保護庁の調査によると
遺伝子組み換え食品を食べただけでも
不妊、免疫異常、老化などが起こることが
わかっていますので
遺伝子組み換えワクチンで
問題が出ることも十分に予想されます。


というわけで
安全性不明と思われるのですが
加藤勝信厚生労働相は
「ワクチンの安全性の周知を徹底する」
と述べましたので
国策に反する意見は
あまり述べないほうが賢明だと思います。

また、ワクチン接種は
世界的に行われるもので
世界の支配者層の計画でしょうから
邪魔すると痛い目にあう
可能性があります。

ですので、ワクチンを受けたくない場合には
人知れずその方法を調べて
人知れず実践するしかないですね。

またワクチンを受ける場合
不妊リスクもあると思って
精子や卵子の凍結保存を
しておいてもいいかもしれないですね。


個人レベルでは不妊が問題になりますが
世界レベルでは人口増加が問題に
なっておりますので
もし不妊になるワクチンだったとしても
この流れは致し方ないことかもしれません。

人類が減ったほうが
地球環境は良くなっていくことでしょう。

ちなみに、ほとんどの国は
強制になると思いますが
スイスやイギリスや香港など
世界支配者層が多く住むところは
任意になると予想しています。

"COVID19ワクチンは ズバリ危険なのか? "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: