ポーズとしての理念



長年ビジネスをしていると、
「ポーズとしての理念」を掲げているダサい起業家を
たくさん見かけます。


「ポーズとしての理念」と「本当の理念」のちがいは、
ビジネスの全ての要素に理念が浸透しているか否か、
で判断できます。



たとえば、私がダサいと思っているのは、
アフィリエイターや販売者の談合です。
?

動画キャンペーンだと、販売者という悪代官と、
アフィリエイターという越後屋が、
裏で根回ししているんですね。


豪華な食事会やパーティなどを開催して、
「今度のキャンペーン、1つ紹介をお願いします」
という感じですね。



または、自分が将来紹介されることを目論んで、
他人のキャンペーンを紹介するバカも多いです。


また、紹介する方もする方で、


「いつも私のことを紹介してくれているから、
お礼に今回は私が本気で紹介します!」


みたいなことを、平気で言うのです。



私が言いたいのは、紹介するのはいいとして、
「その紹介している商品を自腹で買うの?」
ということですね。


自腹で買わない商品を
紹介するのっておかしくないですか?


仮に、今の自分には必要ない商品だったとしても、
自分の家族とか、友人とか、過去の自分に
自腹で買ってもらいたい商品なのでしょうか?



わかりますか?


こういうところで、「ポーズとしての理念」なのか、
それとも「本当の理念」なのか、判断できるのです。



たとえば、「まわりの人を幸せにする」といった
理念を掲げている起業家がいたとしましょう。


その人が、自腹で買いもしない商品を紹介していたら、
少なくとも自分のメールマガジンの読者を
幸せにはしていないですよね。


つまり、掲げている理念とビジネスの実態が、
大きく食い違っているわけです。



こんな感じで、集客や商品提供、販売、採用など、
その人のビジネスの要素を1つ1つ細かく見ていきます。


そして、掲げている理念と実態の
食い違いを見つけるのです。


もし食い違いが2つも3つもあれば、
「ポーズとしての理念」だと判断します。


それが「本当の理念」であれば、
ビジネスのあらゆる要素まで浸透しているため、
食い違いが起こらないはずだからです。

この記事へのコメント