■■コラム 世界の展示会に 自宅から参加可能に

■■コラム 世界の展示会に
自宅から参加可能に


最近の日本で売られている
多くの製品は輸入品です。

例えば、家電、AV機器、パソコン、スマホ
洋服、かばん、アクセサリ、食器、雑貨
オフィス用品、医療用品などなど
外国ブランドの外国製や
日本ブランドだけれど外国製のもの
ばかりなわけです。


このようなものが、どうやって作られ
どうやって流通しているのかというと
その多くは海外メーカーが開発して
中国や東欧の工場で作って
それを国際展示会に出品して
そこで日本人が商談して輸入しています。

そして、この時に
オリジナルブランドのままにすると
誰がどう見ても輸入品になり
ブランドロゴや製品仕様を変えてもらうと
日本オリジナルに見える輸入品になります。

こうして輸入された製品が
Amazonや楽天や、ビッグカメラやイオンなど
みんながよく買い物する場所で
仕入れ値より遥かに高い値段で
売られているというわけです。


そのため、プロの貿易家は
昔から海外展示会に足を運んで商談して
商品仕入れをしていたのですが
今年コロナの影響で変わりました。

何が変わったのかというと
展示会にオンライン参加できるようになり
わざわざ飛行機に乗って
中国やヨーロッパに行かないでも
自宅にいながらできるようになったのです。


例えば、世界一工場が多い中国の
50年以上の歴史ある巨大展示会
広州交易会(Canton Fair)は
4月に開催予定だったのが延期になり
6月に初のオンライン開催
されることになりました。

例年、世界中からバイヤーが集まり
飛行機もホテルも満席満室になるのですが
人を集めるわけにいかないので
オンライン開催になったのです。


ですので、今年からは
交通費宿泊費をかけなくても
オンラインで商談出来る時代になり
輸入販売するハードルが下がりましたので
やってみてもいいと思います。

英語や中国語は
ややハードルになるかもしれませんが
今はオンライン翻訳がありますし
ランサーズなどで安く通訳を雇うことも
可能ですので、あとは行動力次第ですね。


★広州交易会オンライン開催のお知らせ
http://7hk.jp/cantonfair.html

この記事へのコメント